月経不順の悩みを解決するためピルを服用とその効果

私がピルを使用するようになったきっかけは、月経不順でした。避妊薬というイメージがあっピルでしたが、私の友人の1人が私よりも月経不順がひどく時には学校を休んでしまうほど、辛いと言っていました。そんな友達がある日を境に学校を休まなくなりました。「月経不順が楽になったのかな?」と思ってこっそり気になったので質問してみたところ、アイピルを飲むようになったら安定して月経がくるようになって症状も改善されたと聞きました。

高校時代

私も実は、学校を休むほどではないのですが、月経不順で5日から10日ほどずれる日もあり悩んでいましたので、一度ピルを調べてみて服用をすることにしました。私が買ったピル通販便は、とても安く手に入って、病院にもいかずにすんだので大変便利でした。

調べてみるとホルモンバランスコントロールし、排卵を調整することで避妊薬としての効果も期待できますがまだ18歳だった当時、若いうちから飲み続けていると将来子供ができづらい体になってしまうのではないかと不安になったことがありました。しかし、婦人科で念のため相談をしたところ、服用をやめれば薬の効果もなくなるので、自然妊娠に対する影響は心配しなくても大丈夫ですと言っていただき安心したことを今でも覚えています。ホルモンバランスに手を加えるのは少々不安な要素もありますが、今では、ホルモン量の少ない低用量ピルも販売されているので途中からそう言ったものに変更して服用を続けるようにしていましあ。

ピルを飲んでからその月はすぐに効果がありました。
先月の月経からその後の月も続けてカレンダー通りに生理が来るようになり効果の早さに驚きました。また、痛みや生理特有の症状も緩和されており友人に教えてもらったことにこっそり感謝の気持ちがありました。なかなか人には、ピルを飲んでいるということを口にしてしまったり、服用しているところや購入しているところを見られると、勘違いされてしまうこともあるので、自宅で服用するようにしていたことや購入するときは親に買ってきてもらうなど工夫をしていました。今では、思春期からでも服用することができ、飲み忘れてしまっても気づいた時に飲めばそれだけで済みますので安心して服用できます。

ピルといってもいくつか種類があり、お値段にも幅がありますが私は3000円ほどのものを使用していました。生理痛の痛みが緩和し、頭痛などの痛みも和らいでいたのでこの価格帯でここまで症状が緩和されるのであればもっと早く存在を知り、使用しておけばよかったと思うほどです。

お薬になるので、積極的に飲んでみてくださいとはおすすめできませんが、一度ひどい生理で悩んでいる人は医師の指示に従ってピルによる症状の緩和というのも選択肢の1つに入れてみてはいかがでしょうか。使用されているお薬の成分による体の体質や、体調に合わせてお薬を選ぶこともできますし、専門家の意見というのはやはりが信用できます。

人によっては、良い効果を得られる反面、立ちくらみ、吐き気などを引き起こす場合もありますので良い面だけでなくしっかりと副作用の可能性を把握した上で使用するかどうか個人で判断する際は前もって把握しておくと良いかもしれません。あくまでホルモンの調整を行うものですので、年齢とともにホルモンバランスが自然と体が変化していきますし、妊娠や出産をきっかけに女性の場合は、生理が楽になったという人もいますので、一生使い続けるということも可能性としては僅かだと思います。

今回の経験を踏まえて、月経不順に悩む女性の良きアドバイスになればといいなと思います。